2017年2月27日月曜日

ゆめみるけんり:マニフェスト的な

どうやって?」と私たちは呟くことになります。通勤電車、満員のなかでどうやって、どうやって詩を擁護していけるというのか?

ゆめみるけんりは、東京と広島在住の同世代、暫定9名からなるゆるやかなコレクティヴです。大半のメンバーは様々な地域の文学(英米、ロシア、アラビア、ヒンディー)を大学で専攻した挙句に、社会に放り出されることになりました。私たちにとって文学は、生きることであり、多様な可能性そのものでした。だったのに。いま私たちは雑踏の中で自問し続けることになってしまったのでした。「社会の中でどうやって、文学あるいは詩を、つまりは私たちであるところの私たちを、擁護し続けていくのか?」 実際のところ、どうしたら良いのでしょうか。

一つのきっかけとなった経験が共有されています。私たちのほぼ半分のメンバーは、2016年3月に行われた東京国際文芸フェスティバル(惜しくもこれを最後に中止になってしまいましたが)で「多文化の海をおよぐ」というオリジナルイベントを企画・運営していました。文学という共通項でその場に偶然集まった人々が、気楽に和やかにおしゃべりをするという、それはイベントだったのですが、我々企画側の予想をはるかに超えてイベントは盛り上がりをみせました。参加者の一人が感想を述べてくれたように、そこには「独特の優しさと平和な感じ」があり、会場を包み込んでいたのは「善意と信頼」だったという意見に、私は隠匿しがたい嬉しさとともに諸手をあげて賛同したいと思います。

その時に私たちが心の深い場所で悟ったことは、文学とは(アカデミーの世界でしばしばそうであるように)知識を披瀝しあう場ではない、孤独に引きこもるのみの場でもない。それは場だ、しかしコミュニカティヴな、開放的な、新しいもの・人と出会い、人と経験を分かちあう楽しさに溢れた場だ、ということです。それは私たちにとって、「孤独な所業」「内にこもりがち」という陰気臭い従来の「文学」観を心地よいまでに打破する、ある意味破壊的な経験だったと言ってもよいでしょう。

このイベントはあくまで大学という枠組みを借りて行われたものでした。
さて、4月になり、私たちは社会に出るとともに、限りなく一人になってしまうのです。仕事をするというのは物理的にももちろん負荷の高い営みであるわけですが、それ以上に「一人になる」という意味で、生のうえでの特異点です(その特異点が人生の半分以上を占めるわけだが)。私たちは個として、朝起き、地獄のような電車に乗り、会社に入り、仕事し、会社から出て、帰路につく。そのルーティンには、詩の入り込む隙間がありません。日はただ過ぎてゆきます。

しかし思うのです。この人を人とも思わぬ満員電車の最中で、社会のなかで、それでもなお、私には詩への権利がある。夢みる権利がある。口幅ったいのでひらがなにしましょう、「ゆめみるけんり」と。
こうしてゆめみるけんりは生まれ、人から人へ伝わって、新しいつながりを生み出し、いまここにzineをつくるという共通の目的のために仮に9人が集まって一緒に仕事をすることになりました。今後zineづくりとともに、それを核として何か文学・詩のための場を作るためのイベントなども企画していけないか、と考えているところです。

それはしかし、社会的なるものに反対するものとしての詩ではありません。私たちには生活があり、社会があり、その第三の道、オルタナティヴとして考えてみたらどうでしょうか。私たちにとって詩は生きる経験だ、とても脆く危ういが、それは私たちの可能性だ。そういうことを愚直に、あいもかわらず、信じ続けていけるために。

文責:工藤佯/text: Yoh Kudo

2017年2月25日土曜日

「ゆめみるけんり」vol.1:コンテンツ

2017年2月25日に、私たちの初めてのzine「ゆめみるけんり vol.1」を出版しました。まずはKindleで購入できる電子書籍からスタートです。現在、鋭意紙版を作製中で、こちらは今年4月に発行を目指しています。5月の「文学フリマ」にも出店する予定です。
目次は以下の通りです。アメリカ、ポルトガル、ロシア、イタリア・・・様々な国の作家がそろいました。

We have published our first zine, "yumemirukenri 01" on 25 Feb 2017. Now E-book can be purchased on Amazon's Kindle Store. At this moment we are preparing for publishing printed version, and it is estimated to be on sale by April this year (details TBA). Also, we are going to have tiny booth at 文学フリマ in May.
Contents on vol.1 is as follows. Original authors are from various parts of world; USA, Portugal, Russia and Italy. We regret that mainly the zine is in Japanese, due to the aim of the zine - translating poetry in various language into Japanese.

「ゆめみるけんり」vol.1

◆◆◆ 特集:冬/雪 ◆◆◆
・Copal Ildeaux「雪のブロードウェイ」(油彩)
・R・フロスト/葛西裕人「カバノキ」
・砂漠で生きる「長い冬/短い旅」(小説)
・A・ブローク/工藤佯「『雪のマスク』より、雪の部」
・ダンテ/内藤嵩久「『神曲』地獄篇より」

◆◆◆ 特集2:夢たち ◆◆◆
・八木ひろ子「海辺の世界の物語」(エッセイ)
・F・ペソア/藤田瑞都「『船乗り』/エピグラム」(戯曲とエピグラム)

◆◆◆ ステイトメンツ ◆◆◆
・ミケランジェロ/Copal Ildeaux「システィーナの天井画を描いたときのこと」
・藤田瑞都「日記」(断章)
・N・フョードロフ/工藤佯「著作者の権利と著作者の責任、あるいは義務」(エッセイ翻訳と解説)


yumemirukenri 01

     issue: winter/snow
- Copal Ildeaux “Broadway in Snow” (painting)
- Robert Frost / Yuto Kasai “Birches”
- sabaku de ikiru “Long Winter / Short Trip” (novel)
- Aleksandr Blok / Yoh Kudo “The Snow Mask: Snow”
- Dante Alighieri / Takahisa Naito “Divina Commedia: Inferno”

     issue 2: the dreams
- Hiroko Yagi “A Story from the World on the Shore” (essay)
- Fernando Pessoa / Misato Fujita “O Marinheiro” and epigrams (static drama, epigrams)

     statements
- Michelangelo Buonarroti / Copal Ildeaux “Quand L'Autore Dipingeva la Volta Della Sistina”
- Misato Fujita “Fragment” (fragment)
- Nikolay Fyodorov / Yoh Kudo “Author's right and responsibility, or his duty” (translated essay with commentary)

ゆめみるけんり:メンバー

目下9人でやっています。2016年の東京国際文芸フェスティバルというイベントのなかで、「多文化の海をおよぐ」というオリジナルイベントを一緒に運営したメンバーを中心にして、いろいろな人たちが参加してとりあえずのコミュニティを形作っています。

ほとんどのメンバーがそれぞれ様々な言語圏(英米、ロシア、アラビア、ヒンディー、イタリア・・・)の文学を専攻していたのですが、それぞれのタイミングで大学を卒業して社会に放り出されることになりました。「ゆめみるけんり」は、すなわち通勤電車のなかで夢をみる権利と言ってもいいかもしれません。「どのようにして社会の中で、詩を擁護しつづけられるか? 詩のための、すなわちわたしのための場所を確保できるか?」という問いかけが私たちの中心的な問題設定です。

本誌から、メンバー自己紹介を転載します。

***

〈葛西裕人 Yuto Kasai〉
白樺にかこまれた道東で、いくつかの夏をすごしたことを思いだしました。

〈工藤佯 Yoh Kudo〉
ロシア現代文化(詩)。図書館ではたらいています。身体の一部が次第に本になりつつあるのではないか、という疑念、そして恐怖と闘っています。☞pokayanie.blogspot.jp

〈倉畑雄太 Yuta Kurahata〉
大学時代、インドのペルシア語詩について学ぶ。

〈砂漠で生きる sabaku de ikiru〉
1人生活ユニットです。生活をすることで生活を成り立たせています。☞twitter:@mstkaqrg

〈つぐみ Tsugumi〉
広島でOLやってます。苦手なこと。おいしいご飯を作ること。上手にお酒を呑むこと。

〈内藤嵩久 Takahisa Naito〉
1993年新潟県燕市生。

〈藤田瑞都 Misato Fujita〉
孤独だったペソア。自分の名前すら忘れるような、冬の深い眠りを、かれももとめたでしょうか。

〈Copal Ildeaux〉
昼間は会社員、火曜の夜は画家に変身。
ダイヤモンドが似合う、カッコいいおばあちゃんに向けて年を重ねてゆきたい23歳。☞Instagram:@copal.ildeaux

〈八木ひろ子 Hiroko Yagi〉
季節の中では冬がいちばん好きです。